広商デパートの看板
1年7組製作
本文へスキップ

 Hiroshimashi Syurou Shien Center

          
広島市就労支援センターのホームページへようこそ。
 現在、広島市には、障がいが重いなどのため、直ちに一般企業等に雇用されることが困難な人たちの働く場として、就労支援施設等の施設が多数設置されています。
 そこでは、下請けの仕事や食品・革細工・縫製・陶芸・印刷・木工などの仕事をしていますが、不況の中、仕事が十分確保できない、製品の販売が進みにくいなど、きびしい状況にあります。
 このようなことから、広島市では、製品の販路の開拓や受注の斡旋などを行う「広島市就労支援センター」を設置し、就労支援施設等の振興を図っております。
下請仕事等がありましたらご連絡ください。お近くの事業所を紹介させていただきます。

 
受注可能な物品等については こちら

 センター通信  自主製品の紹介 広島市役所販売日程
 安佐北区出店販売日程


広島市就労支援センターのパンフレット 

お知らせtopics

  
新型コロナウィルス感染対策のため多くのイベントや会議が中止や縮小となっています。春には沢山のイベントが予定されていいるだけに、1日も早く、新型コロナウィルス感染が収束に向かってくれることを願っています。


 
新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため現在マスクがなかなか手に入らない状況になっています。縫製技術のある事業所の中には、以前からマスクを製作しているところがありましたが、マスク不足の中、新たに取り組んでいる事業所もあります。現在広島市内事業所で20箇所近くでマスク製作ができるところがあります。
 広島市就労支援センターに問い合わせて頂くと、マスクを作成している近くの事業所を
紹介します。(郵送はできません) こんなマスクがあります。
                   

新着情報newS

2020(令和2)年4月3日(金)
センター通信4・5月号を発行しました。
2020(令和2)年2月23日(日)
第15回マーガレットコンサートが今年も広島国際会議場で開催されました。新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のために、当日は来場者全員にマスクが配られ、各所に消毒用アルコールが設置されました。多くの来場者の方が、開演前や休憩時間に事業所の商品をご購入くださいました。関係者やリピーターの方から励ましの言葉をかけて頂いたりしながら、楽しく販売することができました。お陰様で過去最高の売上になりました。ありがとうございました。
2020(令和2)年2月7日(金)
センター通信2・3月号を発行しました。
2020(令和2)年2月19日(水)
「尾崎基金(販路開拓・技術支援アドバイザー派遣事業)全体研修会」を開催します1年間お二人の講師の先生に指導・助言を受けながら、4つの事業所が販路開拓や新商品の開発に向けて検討を重ねてきた成果を発表します。多数ご来場ください。参加を希望される事業所は、市就労までお問い合わせください。
2020(令和2)年
1月23日(木)〜25日(土)     
「僕らのアトリエ in アステール」が終わりました。     今年は暖冬で、3日間暖かい日が続きました。特別大きなイベントはありませんでしたが、特別支援学校や特別支援学級の子ども達が、買い物体験で来場してくれました。その他にも、関係家族や事業所関係者の皆さんも多数ご来場いただき、事業所の自主製品を買い求めて頂きました。今年度の来場者数は747人で、広島市立特別支援学校が出島に移転してからは2番目に多い来場者数になりました。総売り上げは、移転後以降では最高額になりました。沢山の皆様にお買い求めいただき心より感謝いたします。
2019(令和元)年12月2日(月)
センター通信12・1月号を発行しました。
2019(R元)年
11月4日(土)           
スケートリンク開場祭がひろしんビッグウェーブで開催されました。入り口付近のおもてなしコーナーでは、4事業所が、スケートリンクサイドでは1事業所が出店販売を行いました。4千人を超える来場者があり、各事業所の自主製品の販売に立ち寄り、多くの皆様にご購入いただきました。リンクサイドのたこ焼き・焼きそばは相変わらずの人気で行列ができるほどでした。
                   



広島市就労支援センター

〒733-0011
広島市西区横川町三丁目2−46

TEL 082-537-1331

E-mail:si-jusan*gaea.ocn.ne.jp
*が@になります。